第13回「草苅事件・第二版」

(2020/3/1 更新)

キャッチコピー・あらすじ・スタッフ・協力・タイムテーブル・受付開始時間・開場時間・上演時間について更新しました。

草苅事件・第二版
2020年6月3日(水)~7日(日)
@駅前劇場
"懐疑"は踊る
第13回「草苅事件・第二版」
草苅亜嵐の「境界侵犯」を、第七回清田洞爺文学賞最終選考作品からはずしてください。
あれは、不適切です。私は秘密を握っています。


差出人不明のブラックメールが毛総新聞社に届いたのは、実に二日前のことであった。
気鋭の新人文学賞、清田洞爺文学賞。選考会を経て受賞したのは謎の覆面作家、草苅亜嵐。
受賞者発表記者会見の場は、異様な熱気に包まれていた。
そして現れるひとりの女。
「皆様は、あれが受賞にふさわしいとお考えなのですか?」
絡まり合うエゴと思惑。渦巻く因縁。
混沌を極める記者会見はいつしか本筋を外れ、虚実入り乱れる奈落へと堕ちてゆく。

第24回日本劇作家協会新人戯曲賞〈二次落ち〉作品が、第二版として帰ってくる!
劇団肋骨蜜柑同好会が満身の力を込めてあなたに贈る、文芸スキャンダル会見劇。
文学と人間と実存を巡る、血で血を洗う泥仕合。その火蓋が今、切って落とされる。
"懐疑"は踊る、ルンバのリズムで!
脚本・演出
フジタタイセイ
出演
嶋谷佳恵(劇団肋骨蜜柑同好会)
藤本悠希(劇団肋骨蜜柑同好会)
室田渓人(劇団肋骨蜜柑同好会)
森かなみ(劇団肋骨蜜柑同好会)

紅日毬子(虚飾集団廻天百眼)
植松りか(劇団花鳥風月)
奥村拓(オクムラ宅)
岡村梨加
塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
新開知真(埋れ木)
高村颯志(家のカギ)
竹田航(ギロチンメソッド)
永田紗茅(柿喰う客)
古屋敷悠(ECHOES)
佑木つぐみ(火遊び)
山森信太郎(髭亀鶴)

フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
日時
2020年6月3日(水)~7日(日)
6月3日(水) 19:00
6月4日(木) 14:00 / 19:00
6月5日(金) 19:00
6月6日(土) 14:00 / 19:00
6月7日(日) 14:00
※ 受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※ 上演時間は125分程度を予定しています。
※ 未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。詳細は劇団までお問い合わせください。
会場

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2丁目11-8
TAROビル

下北沢駅 ルート案内
スタッフ
舞台監督: 新直人 (saltyrock/零's Record)
舞台美術: 海月里ほとり (劇団肋骨蜜柑同好会)
照明効果: 少年 (劇団肋骨蜜柑同好会)
照明操作: 永瀬あさひ
音響: 桜義一 (劇団肋骨蜜柑同好会)
小道具: 海月里ほとり (劇団肋骨蜜柑同好会)
宣伝美術: sacco
制作: しむじゃっく
プロデューサー: 山田拓貴 (劇団肋骨蜜柑同好会)
総務: 嶋谷佳恵 (劇団肋骨蜜柑同好会)
監査: とむ (劇団肋骨蜜柑同好会)
企画製作: 肋骨組
協力
アガリスクエンターテイメント
家のカギ
埋れ木
ECHOES
オクムラ宅
柿喰う客
虚飾集団廻天百眼
ギロチンメソッド
劇団花鳥風月
スターダス・21
零's Record
saltyrock
田瓶市観光協会
火遊び
髭亀鶴
毛総文芸振興会
お問い合わせ
ticket@rokkotsumikan.com
お問い合わせフォームからでもメールが送れます)
更新履歴
(19/12/10) タイトル・公演日時・公演場所・演出・脚本・役者情報・チケット情報について更新しました。
PAGE TOP