田瓶市民俗資料館、無料開放

 田瓶市民俗資料館(グランティアたがめ)は、夏休みの児童向けに学芸員体験コースを提供すると発表した。田瓶市の歴史・民族と、学術振興を司る学芸員の仕事を知ってもらおうという取り組みで今年で4回目。

 体験コースでは事前に申し込みをした児童ら約20人が1週間にわたって資料館の運用業務を体験しながら同資料館の所蔵する史料についての知識を深める。この間、児童と保護者に対しては資料館が無料開放されるほか、古淵健氏や阿見テツジ氏による講談会が予定されている。